2015年04月

4月22日

昼食後はブルージュの旧市街の中心的存在の世界遺産、マルクト広場に向かいました

1300年頃建造されたマルクト広場の鐘楼、後ほどこの鐘楼に登りました

次はマルクト広場の東側に隣接するブルグ広場の「聖血礼拝堂」に向かいました
ブルージュの中心部、ブルグ広場にある市庁舎の右側につながったように見える建物が「聖血礼拝堂」です、この中には、第2次十字軍に従軍したフランドル伯ティエリー・ダルザスが聖地エルサレムからキリストの血の付いて皮の袋を持ち帰り、ここに納めたそうで、決められて時間に御開帳されるそうですが私たちは見られず

礼拝堂の内部

礼拝堂のステンドグラス

次は左隣のフランボワイヤン・ゴシック様式のベルギー最古の市庁舎、

市庁舎2階のホール パノラマ写真

同じくホール

次は
左隣の旧公文書館、左側の入り口から入ります

建物上部の正義の剣と天秤を持つ女神像

この建物はかつては裁判所で、当時、このあたりを統治していたのは、だったのですが、16世紀にオーク材で作られたベルギー生まれの神聖ローマ帝国皇帝カルロス5世をモチーフとした暖炉が有名です。


ブルグ広場から見た 左から旧公文書館、市庁舎、聖血礼拝堂

ブルグ広場から北西方向に隣接するマルクト広場に戻って
もう一度鐘楼の画像です

366段の螺旋階段を登って高さ83mの鐘楼塔に挑戦

途中の展示場
らせん階段は上の方では狭くなり、人がすれ違うことができないので交互通行になります

眼下のマルクト広場、ギルドハウス


ブルグ広場が見えます

ブルージュの街並み

教会の塔が2つ見えます


アップで聖母教会の尖塔



鐘楼を降りて
夕食の時間が近づいて来ました
マルクト広場の像を見て予約しておいたレストランい向かいました

レストラン タベルネ・クリオーザで 各自がメニューを見て注文


美味しいディナーで皆満足

暗くなり始めた街を見ながらホテルに戻りました
「天井のない美術館」、そんな呼び名さえ一寸の誇張なく響くブルージュは、ベルギーで最も人気の高い観光地。童話の絵本のページから抜け出してきたような景観で、中世ヨーロッパの風情を今に伝えます。とネット上に書かれていましたが本当でした

オランダ・ベルギー観光7日目 ブルージュ観光の日です

前日列車のストがあることを知って急遽一日早めてブリュージェに到着したのでブリュージュ観光は予定の時間より早く朝から観光ができました

宿泊した川の上に浮かぶ船のホテル ボートホテル ドゥ バージュの入り口
イメージ 1

宿泊したホテルの部屋からはこのような景色が見えました
イメージ 2

今回のベルギー観光はメンバーの中で2人づつが各都市の観光箇所と食事をするレストランを調べて他のメンバーを案内するということで、ブルージュはKさん、Sさんの案内で出発

天気は良いが肌寒い日です、橋を渡って公園を通って、物悲しい悲劇の伝説が残ってる愛の湖公園、
白鳥が見られました
イメージ 4

橋を渡った左側のユネスコ世界遺産に登録されているペギン会館
イメージ 5

敷地内の教会
イメージ 6

教会の内部
イメージ 7

街の中の中世の建物等見ながら次の目的地に向かいました、馬の水飲み場だったんでしょうか
イメージ 8

街並みを見ながら
イメージ 9

素敵ですね
イメージ 10

聖母教会です、チケットを購入して内部に入ります
イメージ 11

この教会を有名にしているのはミケランジェロによる聖母子像
イメージ 12

聖母子像の拡大
イメージ 13
この像は1504年に造られた作品で、ミケランジェロが生きている間にイタリアの外に出された唯一の作品だそうです

次に聖母教会の向かい側のメルリンク美術館に行きました
この美術館は12世紀建造の聖ヨハネ施術院を改装した美術院
内部の美術品
イメージ 15

この美術館ではベルギー7大秘宝の内[聖ウルスラの聖遺物箱」を見ることができた
詳しい解説は ここ で見られます
イメージ 14

イメージ 16

次に運河クルーズに向かいました、チケットを買って、船が一杯になる人数が集って出発です、 写真は船長さん 各国の言葉で説明があり、日本語のテープも流れたので良かったです
イメージ 18

運河から見るべルージュの街並みは素敵で、メンバーの皆からこのクルーズは良かったという話が聞かれました
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22
35分ほどのクルーズを終えて下船

昼食は特に予約はしてないのでマルクト広場に近いピザハットで昼食
イメージ 23
美味しかったですよ



4月21日
夜10時から電車がストのため24時間動かなくらるということで、アントワープ観光を実質2時間半くらいで切り上げアントワープからブルージェに向かうことを決め出発
今回のベルギー観光はメンバーの中で2人づつが各都市の観光箇所と食事するレストランを調べて他のメンバーを案内するということで、アントワープはTさんNさんが案内役でアントワープ中央駅から今回初めての地下鉄に乗って先ずフルン広場へ

広場のパノラマ写真 左手の塔(上が切れています)がノートルダム大聖堂
イメージ 1

フルン広場のルーベンスの像 とても良い天気でこの日は暖かでした
イメージ 2

フルン広場から左手に向かうとノートルダム大聖堂です
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
イメージ 7

ルーベンス作 キリスト降架
イメージ 8
日本語で書かれた説明書、ネロとパトラッシュがこの絵の前で死んでいたとい話
アントワープでは知られていなかった話でしたが日本人が大勢訪れて、現地の人にも知られるようになったとのことです
イメージ 9

大聖堂内のステンドグラス
イメージ 11

次はマルクト広場に行ってきました
アントワープの中心、ギルドハウスや市庁舎のある広場です
アントワープの街の由来とも言われている、ローマ戦士ブラポーが巨人の手(ant)を切り落として川へ投げた(werpen)様子を表した像
イメージ 10
後ろが ギルとハウス

次はルーベンスハウス 内部の撮影はできないので チケット売り場の写真です
イメージ 12
ルーベンスが1616年から亡くなるまで住んだ家
ルーベンスや弟子の作品が展示されていました

アントワープで見てきたかったものは沢山ありましたが今回見て回った場所はこれだけ
イメージ 1

地下鉄でアントワープ駅に戻り,16時過ぎの電車でブルージェに向かいました
イメージ 13

ブルージュに向かう電車の中から
イメージ 16

ブルージェには1時間半ほどで到着し、中型のタクシーで川の上に浮かぶ船のホテル
ボートホテル・デ・ブルージェに向かいました

夕食は隣で川の上に浮かぶ船のレストランで食べました
最初に日本の春巻きのようなものが出て、おいしかったですよ
イメージ 17

色々あった日でした

4月21日はベルギーに移動しアントワープ観光の日です

宿泊した水道タワーを改造したホテルの屋上まで案内してもらいました
らせん階段を登って屋上まで行きました(下りで撮った画像)
イメージ 1

水道水を上部のタンクに送るパイプ
イメージ 2

  この天井の上にタンクがあります
イメージ 3

管理人が屋上まで案内してくれました、外の景色を期待しましたが靄でほとんど何もお見えず
イメージ 4

下から、前日書きましたようにユニークなホテルですが、エレベーターもエスカレーターもないので大きな荷物を持って泊まるのは大変です(管理人が荷物の上げ下げは手伝ってくれますが)
イメージ 5

お姉さんの家に向かいました
朝もやが幻想的な景色を作りだしていました
イメージ 7

8人が合流し、お姉さんと旦那さん皆で記念写真を取って
イメージ 6

チャーターしたバスでベルギーのアントワープに向かいました
途中交通渋滞でノロノロ運転
その原因はこれでした
イメージ 8

渋滞が解消して順調なドライブ、高速道路脇には菜の花が咲いていました
イメージ 9

国境の検問などないので気が付いたらベルギーに入っているという感じでした
ベルギーのアントワープの町に入りました
イメージ 10
アントワープ中央駅前のセントラルホテルに予定より30分ほど余計に時間がかかって11時半に到着しました
ここで運転手さんと分かれて
ホテルにチェックイン出来る時間の前なのでスーツケースをホテルに預けてアントワープ見学に向かうことに
観光の前に目の前のアントワープ中央駅に寄って翌日のブルージェ行の電車に乗る場所を確認に向かいました
(ヨーロッパの鉄道は駅での改札が無く、自分の乗る電車が到着しているホームに行って電車に乗り込むのでどんな様子か見に行ったのですが)

これが幸いしました

駅のインフォーメーションセンターに行って
明日ブルージェに行くのでホームはどこか聞いたところ

今夜10時から明日夜10時までストライキで電車は動かないとの事
”エッ!” どうしたら良いの
チケット販売所で聞いても答えは無い
観光バスなども無いようだし

電車が動くのを待っていたのでは
次のブルージェ観光ができなくなってしまうし

とにかく電車の動く今日中にブルージェに移動しようと言うことに相談がまとまり

それには当日の夜ブルージェで宿泊できるか
翌日宿泊予定のホテルに仲間のEさんが電話連絡しホテルに泊まれることになってひと安心

日本で手に入れておいた列車の切符は翌日から2週間の有効切符なので一日早めて使えるよう証明書を窓口で書いてもらい

アントワープのホテルをキャンセルしスーツケースを駅のコインロッカーに預け

アントワープ発16時の電車でブルージェ向けに出発することを決めて
当初予定よりも大幅にアントワープ観光時間が短くなってしまうけれど
とにかく
マルクト広場と大聖堂だけは見ようとアントワープ観光に向けて出発した

気持ちが焦っていてアントワープ駅の写真などこの間の写真は一枚も撮っていないことに後で気付きました

アントワープのホテル宿泊代は割引等してくれず全額取られ泣き寝入りででした

観光が国の収入の多くを占めているベルギーで交通機関のストは止めてもらいたいものです



27日朝方見えなかった富士山が8時過ぎ見えてきたので
近場の茶畑と富士山を撮ってきました
富士山がいまいちはっきりしない日でした
イメージ 1

今宮の茶畑 カメラマンが10名程来ていました
イメージ 2

大渕茶畑 まだ早いです
イメージ 3


大淵笹場、ここもカメラマンが大勢来ていました、
奥の茶畑は未だ芽が出始めたところで 後数日後が良いかも
イメージ 4
お茶の新緑と富士山 これから撮影に良い時期です、富士山がはっきり見えてくれる日があると良いんですが

↑このページのトップヘ